読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育て歯医者の日記

念願だった子育てが始まり、思うことを書き留めてみます。

無意識

無意識にやってしまうこと。

考えること、行動すること、

反応すること。

 

無意識の海は深い。

太陽の光が届かない、深海のようだ。

 

自分で把握する事が難しいのに、

無意識が人生の大部分を支配する。

 

無意識はいつ作られるのか。

まずは親および教育者の影響。

子供にとって親の存在は絶対的。

 

親の表情、態度、言葉、行動などあらゆる情報をすくい取る。

その善し悪しなど判断できるはずもなく。

 

子は親の鏡。

親の何の気なしに発した一言が、

子供に深く大きな楔となって打ち込まれていることがある。

そしてそのことに親子ともども気づいていない。 

 

タチが悪いのは、親はその一言を発したこと覚えていないことが多い。

無意識に発しているからだ。

 

子供はその何気ない、どうでもいいような感想にもならないような一言に縛られている。

しかも何度もその言葉を反芻する。

そしてそのことに自覚がない。

無意識にやっているからだ。

 

親の、子供への言葉や態度の責任は重い。

そのひとつひとつが、子供の無意識を、人生のかたちを決める。